遊育

Policy(政策)、Information&Date(情報)、Vision(未来像)をキーワードに、幼児教育・保育に関する様々な情報提供を行うことにより、この分野の発展・充実・振興に資することを目指しています。

最新情報

遊育が選んだニュースをご紹介します。

最新情報

  • (巻頭)「こども家庭庁設置法案」が審議入り   (2022/04/25)

    子ども施策の司令塔となる「こども家庭庁設置法案」が審議入りした。衆議院本会議では4月19日、野田聖子・こども政策担当大臣が「こども家庭庁設置法案」について趣旨説明。質疑応答では、文部科学省所管事務が入らなかった理由などが問われ、岸田文雄首相は、教育と児.. 【もっと見る】

  • 9200園に迫る認定こども園:特徴的な園を探る   (2022/04/25)

    弊誌の独自調査によると、令和4年4月1日の認定こども園は9200園近くに上ることが明らかとなった。自治体によっては幼児教育無償化に対応するために公立保育所全てを保育所型としたところもある。その一方、公立幼稚園と私立保育所を再編して幼保連携型認定こども.. 【もっと見る】

  • 架け橋特別委員会が審議経過報告取りまとめ   (2022/04/25)

    文部科学省の「幼児教育と小学校教育の架け橋特別委員会」(委員長=無藤隆・白梅学園大学名誉教授)は3月31日、審議経過報告を取りまとめた。前回委員会での意見を受けて、架け橋コーディネーターの具体的な説明や小学校学習指導要領における接続期の記載などが追記さ.. 【もっと見る】

  • 改正児童福祉法を国会提出   (2022/03/14)

    政府は3月4日、保育所をかかりつけ相談機関として位置付けるなど、子育て世帯に対する包括的な支援体制を強化する児童福祉法の一部改正案を閣議決定し、国会に上程された。児童虐待相談件数が増加する中で、支援が届きにくい分野もカバーできるよう支援体制を強化する.. 【もっと見る】

  • こども家庭庁設置法案が国会提出/政府   (2022/03/14)

    政府は2月25日、子ども政策の司令塔となる「こども家庭庁」の設置法案と関連法案を閣議決定した。同日、国会に提出した。専任のこども家庭庁長官を置き、令和5年4月、内閣府の外局として発足するという。 【もっと見る】

  • (次号予告)巻頭・幼保小架け橋プログラム モデル事業のための手..   (2022/03/14)

    文部科学省は2月24日、中央教育審議会「幼児教育と小学校教育の架け橋特別委員会」(座長=無藤隆・白梅学園大学名誉教授)を開催。幼保小の架け橋プログラムの実施に向けた手引き(初版案)や審議経過案などが公表された。手引きは、モデル地域で、関係者が話し合いな.. 【もっと見る】

  • 北野幸子先生の連載が本になりました   (2022/02/28)

    北野幸子・神戸大学大学院教授による連載「保育領域の専門性の確立を目指して」が1冊の本になりました。わかば社様より発売中です。 書籍のタイトルは「地域発・実践現場から考えるこれからの保育」。国内外の保育の流れを捉えながら、各地域の保育実践を基盤とした.. 【もっと見る】

  • 学校法人制度改革に向けて論議が本格化   (2022/02/28)

    学校法人制度改革特別委員会による学校法人に関わる議論が進んでいる。文部科学省は2月9日、同22日に会議を開催。理事・理事会、評議員・評議員会の位置付けについて意見を交わした。 遊育2月28日号では、2回の会議それぞれで議論された内容を整理。現在の議論の.. 【もっと見る】

  • (次号予告)巻頭・創設へ向け準備進むこども家庭庁 意義と課題   (2022/02/28)

    令和5年4月の創設を目指し、法案提出準備が進むこども施策の司令塔「こども家庭庁」。 関係法案は2月中に国会提出する予定となっている。 遊育では、巻頭でこども家庭庁を特集。「こども政策の推進に係る有識者会議」が公表した「こども施策の新たな推進体制に関す.. 【もっと見る】

  • (次号予告)巻頭・来年度以降の処遇改善へ念押しの声続々/内閣府..   (2022/02/14)

    内閣府子ども・子育て本部は2月1日、第60回子ども・子育て会議を開催した。今回は、令和4年度予算案の子ども・子育て支援新制度関連項目や児童福祉法改正に向けた専門委員会の検討状況などについて審議。委員からは、月額9,000円を引き上げる処遇改善加算について、高.. 【もっと見る】