遊育

Policy(政策)、Information&Date(情報)、Vision(未来像)をキーワードに、幼児教育・保育に関する様々な情報提供を行うことにより、この分野の発展・充実・振興に資することを目指しています。

立ち読み

遊育の内容を一部ご覧いただけます。

購読済みの場合は購読者専用ページ内で電子版「e-遊育」のバックナンバーをご覧いただけます。

「遊育」2021年4月26日・5月10日合併号を発行しました。

今号の「遊育」は、①特色ある認定こども園を探る②子ども行政一元化の論議はもっと丁寧に③公開保育で自治体がネットワーク④富山県で園児1人当たり単価が14%増(私幼予算)――といった内容です。

「遊育」2021年4月12日号(No.7)を発行しました。

今号の「遊育」は、①令和3年4月の認定こども園は8500園超に②保育の業務改善にガイドライン/厚労省③行政担当者が保育の質を学ぶ中央セミナー開催④新連載「保育を科学する」「中期計画づくりのイロハ」――といった内容です。

「遊育」2021年3月22日号(No.6)を発行しました。

今号の「遊育」の内容は、①令和6年度末には子ども園が1000園増②東日本大震災の非菜園から10年目の声③保育の受け皿整備に公私連携型の活用を④自民党若手議員らが「こども町」創設を提言ーーといった内容です。

「遊育」2021年3月08日号(No.5)を発行しました。

今号の「遊育」は、①公定価格の減額率を上回る賃金引き下げは指導②子どもの権利擁護の視点で組織一本化を③少子化やコロナといった災害に強い園とは④榊原智子・読売新聞専門委員が平成の保育を語るーーといった内容です。

「遊育」2021年2月22日号(No.4)を発行しました。

今号の遊育は、①保育を楽しめる自己評価の工夫を学ぶ②ラーニングストーリーの神髄に触れる③「乳幼児の生活と育ち」の縦断調査④子ども家庭庁創設に向け議員らが勉強会ーーといった内容です。

「遊育」2021年2月08日号(No.3)を発行しました。

今号の「遊育」は、①石川県でオンライン国際シンポジウム開催②新プランの財源確保で児童手当見直し③保育所の退職手当共済で公費助成は継続④私幼の財源措置額は微増の19万2578円――といった内容です。

「遊育」2021年1月25日号(No.2)を発行しました。

今号の「遊育」は、①「連載インタビュー」宮本太郎・中央大学教授②11都府県に「緊急事態宣言」を再発令③職種の多様化!?保育補助者の割合高まる④日本乳幼児教育・保育者養成学会の研究大会ーーといった内容です。

「遊育」2021年1月11日号(No.1)を発行しました。

今号の「遊育」は、①令和3年度教育・保育関係予算を読む②児童手当の見直しで反論多数/子ども・子育て会議③今後4年間で約14万人の受け皿整備/新プラン④私幼納付金は5.5%増の41万円超へ/文科省調査――といった内容です。

「遊育」2020年12月28日号(No.24)を発行しました。

今号の「遊育」は、①2020年遊育10大ニュース②八王子市地域電子マネーで5万円の慰労金③都心に自然豊かな園づくりで子育て支援④新型コロナへの対応でシンポジウム/乳幼児教育学会――といった内容です。(アップデートがおそくなってしまい、申し訳ありません。)

「遊育」2020年12月14日号(No.23)を発行しました。

今号の「遊育」の内容は、①人勧で公定価格下がるも別途処遇改善を(子ども・子育て会議)②認定こども園は8016園で園児は就学前の18%に③令和2年で私幼の過半数が新制度に移行④好評連載、保育環境の工夫で魅力ある園づくりを――といった内容です。