遊育

Policy(政策)、Information&Date(情報)、Vision(未来像)をキーワードに、幼児教育・保育に関する様々な情報提供を行うことにより、この分野の発展・充実・振興に資することを目指しています。

立ち読み

遊育の内容を一部ご覧いただけます。

購読済みの場合は購読者専用ページ内で電子版「e-遊育」のバックナンバーをご覧いただけます。

「遊育」2019年8月26日号を発行しました。

今号の遊育は、①【特集】学校基本調査速報を読む②新しい幼児教育課長・保育課長の横顔③OECD未来の教育論議からの示唆④バラつき大きい都道府県別の満3歳児就園率ーーといった内容です。

「遊育」2019年8月12日号を発行しました。

今号の遊育は、①無償化で自治体の対応の違いが明確に②経常費補助の単価が前年より13%増の県も③児童虐待の相談件数が16万件余で過去最高④一時預かり事業の7割で人件費分の補助不足――といった内容です。

「遊育」2019年7月22日号を発行しました。

今号の遊育は、①次期計画では預かり保育ニーズが5倍に②保育所との違いを意識し認定こども園の運営を③幼稚園の3割で2歳児を受入れるが補助なしも④柏女霊峰・淑徳大学教授が保育を語るーーといった内容です。

「遊育」2019年7月08日号を発行しました。

今号の遊育は、①無償化を契機に自治体独自補助を見直す動きも②無償化の対応で自治体にバラつき指摘③キャリアアップ研修で3府省が合同通知④企業主導型保育で新たな実施機関の審査基準――といった内容です。

「遊育」2019年6月24日号を発行しました。

今号の遊育は、①【特集」無償化の国会審議を読む②無償化の先をにらむ認定こども園協会セミナー③社福の合併や事業譲渡でガイドライン作成④汐見稔幸・東京大学名誉教授に聞くーーといった内容です。

「遊育」2019年6月10日号を発行しました。

今号の遊育は、①無償化の実施に向けた実務作業始まる②保育の質向上で海外や現場の実情を調査③社福の経営統合や運営の協働化に向け検討④日本保育学会で認定こども園の実態調査――といった内容です。

「遊育」2019年5月13日・5月27日合併号を発行しました。

今号の遊育は、①幼児教育・保育の無償化法が成立、②2019年4月1日の認定こども園は7220園(更新)、③大津の事故を受け園外保育等を安全確認、④連載インタビューⅡ網野武博先生ーーといった内容です。

認定こども園の全国データがまとまりました。

2019年4月08日号、4月22日号と平成31年4月1日現在の認定こども園の認定状況を紹介しましたが、一部のデータが欠けておりました。このたび全国のデータがまとまりましたので、ホームページにて緊急掲載いたします。認定こども園は全国で7220園となりました。直近、4月22日号と比べ、北海道のデータが更新され、大阪府の記載ミスが修正されています。

「遊育」2019年4月22日号を発行しました。

今号の「遊育」は、①平成31年に誕生した認定こども園の特徴を探る②改正子ども・子育て支援法案は衆議院を通過③現役保育士の不満は給与、7割が賃金改善要望④都道府県の私立幼稚園関係予算Ⅳ――といった内容です。

「遊育」2019年4月08日号を発行しました。

今号の遊育は、①新連載インタビュー①「平成の保育を語る」初回は無藤隆・白梅学園大学大学院特任教授②2019年4月1日の認定こども園が7100園超に③各県の私立幼稚園関係予算Ⅲ――といった内容です。