遊育

Policy(政策)、Information&Date(情報)、Vision(未来像)をキーワードに、幼児教育・保育に関する様々な情報提供を行うことにより、この分野の発展・充実・振興に資することを目指しています。

立ち読み

遊育の内容を一部ご覧いただけます。

購読済みの場合は購読者専用ページ内で電子版「e-遊育」のバックナンバーをご覧いただけます。

「遊育」2018年4月23日号を発行しました。

今号の遊育は、①特集:増加する認定こども園の特徴を探る②都道府県の私幼経常費補助単価が明らかに③幼児教育無償化の範囲の検討で続くヒアリング④各県の私幼関係予算を探る④――といった内容です。

「遊育」2018年4月09日号を発行しました。

今号の遊育は、①認定こども園が6100園超に②保育現場のICT化で保育者の負担軽減、質向上を③3つの要録をそろって改訂・通知④各県の私幼関係予算を探る③――といった内容です。

「遊育」2018年3月26日号を発行しました。

今号の遊育は、①保育士キャリアアップ研修の実情を探る2横浜市で園内研修のリーダーを育成する研修③京都府で保育人材キャリアパスを作成④各県の私幼関係来年度予算案を探る②――といった内容です。

「遊育」2018年3月12日号を発行しました。

今号の遊育は、①処遇改善等加算Ⅱの運用を見直しへ②保育現場の危機感を共有/保育者養成教育学会③保養協で実習指導者の認定システム検討へ④各県の私幼関係予算案を探る①――といった内容です。

「遊育」2018年2月26日号を発行しました。

今号の遊育は、①改訂の背後にある21世紀型教育を提起/保育学会②幼稚園施設整備指針見直しで音環境にも言及③東アジアの研修や評価の取り組みを学ぶ④私幼の2歳児受け入れに独自補助/都予算案――といった内容です。

「遊育」2018年2月12日号を発行しました。

今号の遊育は、①ICTを活用して子どもの遊びを「見える化」②幼児教育無償か対象範囲の検討がスタート③私幼の財源措置額は18万4888円に④保育所の感染症ガイドラインを見直し――といった内容です。

「遊育」2018年1月22日号を発行しました。

今号の遊育は、①子育て安心プランや公定価格などを論議(第34回子ども・子育て会議)②待機児童解消の進捗状況「見える化」目指す③一時預かり活用し幼稚園で2歳児受け入れ④保育所は大規模園で収益が悪化/WAMレポート――といった内容です。

「遊育」2018年1月08日号を発行しました。

今号の「遊育」は、①特集:平成30年度予算案の特徴は②子育て安心プランで施設整備費と運営費を充実③認定こども園への施設整備支援も拡充④保育所児童保育要録の検討がスタート――といった内容です。

「遊育」2017年12月25日号を発行しました。

今号の「遊育」の内容は、①特集:2017年遊育10大ニュース②2020年4月から幼児教育の無償化を全面実施③待機児童解消に「緊急対策地域」の構想を提言④複数施設法人への調整措置が公定価格の検討課題に――といった内容です。

「遊育」2017年12月11日号を発行しました。

今号の「遊育」の内容は、①【特集】大阪府守口市の無償化を検証する②無償化より待機児童対策や質の向上を優先すべき③新保育所保育指針に対応した養成課程案④好評連載「保育環境をどう改善するか」園庭編――などです。