遊育

Policy(政策)、Information&Date(情報)、Vision(未来像)をキーワードに、幼児教育・保育に関する様々な情報提供を行うことにより、この分野の発展・充実・振興に資することを目指しています。

立ち読み

遊育の内容を一部ご覧いただけます。

購読済みの場合は購読者専用ページ内で電子版「e-遊育」のバックナンバーをご覧いただけます。

「遊育」2020年9月28日号(No.18)を発行しました。

今号の「遊育」は、①働き方改革モデル保育所など提案(保育の現場・職業も魅力向上検討会)②合併や事業譲渡の手続き等でガイドライン③幼保連携型5839園のうち分園は157園④前田正子・甲南大教授が保育を語るーーといった内容です。

「遊育」2020年9月14日号(No.17)を発行しました。

今号の「遊育」は、①【特集】学校基本調査速報を読む②3歳以上の保育利用が55%に/厚労省調査③保育の魅力発信の前に職場環境の改善を④遊び拠点の分散など園再開後に活動を工夫--といった内容です。

「遊育」2020年8月24日号(No.16)を発行しました。

今号の「遊育」は、①【特集】広がる?!eラーニング2②NZに学ぶすべての子どもの育ちの保障③保育所指導監査の効率的・効果的な事例を報告④新山裕之・港区立青南幼稚園長に聞くーーといった内容です。

「遊育」2020年8月10日号(No.15)を発行しました。

今号の遊育は、①【特集】広がる?!eラーニング②処遇改善の魅力アップと働き甲斐ある園づくり③緊急事態宣言中、親は6割就業、園児は7割在宅④多くの自治体が災害時の休園基準を未整備ーーといった内容です。

「遊育」2020年7月27日号(No.14)を発行しました。

今号の「遊育」は、①【特集】保育士の人材確保を考える②都内区立保育園で園児26人が集団感染③熊本の保育園で園舎が天井まで浸水④山縣文治・関西大教授が平成の保育を語るーーといった内容です。

「遊育」2020年7月13日号(No,13)を発行しました。

今号の「遊育」は、①「児童票」から保育の業務負担を考える②新型コロナ対策費を業務負担増の人件費に③保育の質向上の検討会が最終とりまとめ④こんなに違う自治体対応「保育者慰労の給付金」ーーといった内容です。

認定こども園数都道府県データを修正しました。

弊誌2020年5月11・25日合併号に掲載した認定こども園データに一部間違いがありました。神奈川県の幼稚園型認定こども園計が昨年のままであったため、幼稚園型認定こども園の全体計が少なくなっていました。認定こども園総数に変化はありません。お詫びいたします。参考までに修正版データをアップします。

「遊育」2020年6月22日号(No.12)を発行しました。

今号の「遊育」は、①特集】各種調査から新型コロナの影響を探る②在宅子育て家庭の不安と負担、不信の声を拾う③保育現場の負担と新たな保育の模索も浮上など④医療現場の新型コロナウイルス対策も参考にーーといった内容です。

「遊育」2020年6月08日号(No.11)を発行しました。

今号の「遊育」は、①感染症対策を講じつつ再開準備が進む②今の課題をオンラインで共有する研修会/大私幼③保育所保育の質向上の考え方をとりまとめ④駒村康平先生が平成の保育を語るーーといった内容です。

「遊育」2020年5月11日・25日合併号を発行しました。

今号の「遊育」は、①臨時休業が続く中での家庭支援の取り組み②社福のこども園を事業統合して学法こども園に③令和2年の認定こども園数は8007園に④幼児教育の実践の質向上検討会が中間まとめーーといった内容です。